202003/auguri-iva/auguri-iva-it.jpg

イヴァ、お誕生日おめでとう!

イヴァ・ザニッキは2020年1月18日に80歳の誕生日を迎えました。イタリア歌謡ポータルのスタッフ全員が祝福するとともに、1963年のデビューからイタリア歌謡史の50年を歩んだ彼女の素晴らしいキャリアをたどります。イタリアの軽音楽の最も強烈で洗練された声の持ち主の一人である彼女には、サンレモ音楽祭で優勝した3曲(「Non pensare a me(邦題:愛のわかれ)」、「Zingara(邦題:涙のさだめ)」、「Ciao, cara, come stai(邦題:さよならも言わずに)」)を添えたプレイリストを捧げます。延びと旋律のある声、多種多様な雰囲気の音楽をこなす能力がある彼女は、アズナブールの歌(「Com’è triste Venezia(悲しみのベニス)」やエルビス・プレスリーの歌(「Dolcemente(やさしく愛して)」、ユダヤ民謡、ギリシャの歌を歌うとともに、深く探求しなかったものの、「Come ti vorrei(あなたが欲しい)」、「Ci amiamo troppo(愛しすぎる二人)」」というカバー2曲に見られるように、アメリカのソウルミュージックを堂々と歌い上げる表現力を持っています。イヴァ・ザニッキは、サンレモ音楽祭に加えて、Disco per l’EstateCanzonissimaMostra Internazionale di Venezia、Cantagiro のようなイタリアの重要な音楽イベントに参加しました。これらのイベントは、イタリアの作詞・作曲家を評価し、国際的なレパートリーからも積極的なヒントを得ることに努力する彼女が、イタリアの音楽において占める重要性を常に確認するものです。