Un’orchestra nella sera

夕べのオーケストラ

1930年代と1940年代は、イタリアの軽音楽においてオーケストラは非常に重要な存在でした。楽器奏者よりも一段だけ上に置かれていたものの、歌手はオーケストラの一員とみなされていました。そして、実際に歌うのは非常に少ない言葉に限られており、その前後にオーケストラによる長い演奏がありました。指揮者は、状況を管理する真の「」のような存在で、自らのオーケストラとともにレコード作りをする歌手たちと緊密な関係を持っていて、レコード制作スタジオで録音する時間を選んでいました。そして、事情が変わって状況は反転しました。特にサンレモ音楽祭のおかげで、個々の歌手たちは人気者となって時代の真のスターとなり、指揮者の存在感を薄くしたのでした。このプレイリストに収録されている音楽の語りは、歌わせることを予定しないオーケストラをその器楽演奏の進化のベストの状態で紹介するもので、タンゴ、フォックストロット、ルンバ、マンボというように、ダンスの夕べに合うテーマ曲のようになっており、「Canta lo sciatore」のような純粋なエンターテインメントのための曲が、少しだけ挿入されていました。ゴルニ・クラメル(Gorni Kramer)により、ダンス曲が始まり、実際は終了しています。なぜなら、彼の姓を逆にしたリマーク(Remark)がプレイリストの最後にあるからです。

1 - Al casino'

Autore: Rizza

Esecutore: Gorni Kramer

Casa discografica: Fonit

2 - Coubanakan

Autore: Simons

Esecutore: Orchestra Angelini Angelini

Casa discografica: Parlophon

3 - Non ho piu' lacrime

Autore: De_Angelis

Esecutore: Orchestra Consiglio Mario Consiglio

Casa discografica: Grammofono

4 - Dolce e' la notte

Autore: Donaldson

Esecutore: Orchestra Cetra Tito Petralia

Casa discografica: Parlophon

5 - La carioca d'amore

Autore: Pippo Barzizza

Esecutore: Orchestra Blue Star Pippo Barzizza

Casa discografica: Fonit

6 - Mare blu

Autore: Armando Fragna

Esecutore: Orchestra Fragna

Casa discografica: Edison Bell

7 - Tango di Marilena

Autore: Mascheroni Mendes Satta

Esecutore: Enzo Ceragioli

Casa discografica: Odeon

8 - Ho trovato l'amore

Autore: Sunshine

Esecutore: Orchestra Ferrari Francesco Ferrari

Casa discografica: Cetra

9 - Canta lo sciatore....

Autore: Cesare Andrea Bixio Heymann

Esecutore: Orchestra Jazz Semprini

Casa discografica: Fonit

10 - Bacio perduto

Autore: Ansaldo

Esecutore: Orchestra Ferruzzi Crivel

Casa discografica: Columbia

11 - Sul mare blu

Autore: Canaro D'Anzi

Esecutore: Orchestra Angelini Angelini

Casa discografica: Parlophon

12 - San Sebastiano

Autore: Perrera

Esecutore: Remark e i suoi Solisti

Casa discografica: Fonit