Serenata al chiar di luna

月明かりのセレナーデ

ベートーベン、ドビュッシーは言うに及ばず、芸術、文学、音楽で多くのインスピレーションを与えてきた月は、昔の歌の中でも重要な位置を占めてきました。人類が初めて月に上陸した1969年7月20日の50周年を記念して、このプレイリストでは、歌に歌われた月、夢に見た月、話題にされた月、称賛された月といった、さまざまな月の顔を取り上げる、1920年代から1950年代までの曲を集めています。青白い月も、メランコリーを漂わせる月、銀色の月、緑色、赤色の月もあります。多くの場合、月の下にある海を演出します。月の光はまた、海だけでなく、川や井戸の水に映されます。月と結びつけた永遠のロマンチシズムを歌った作者たちが好んだのは、セレナーデでした。しかし、このプレイリストは、フォックストロットやタランテッラなどのダンスに向いた曲(シチリア-アメリカ系のレパートリーの定番である1925年の「Luna mezzomare」)、ナイト向けのバラード(1953年の「Luna caprese」)、船乗りの歌のような曲(サルヴァトーレ・デ・ジャコモが作った「(Luna nova」)、ナポリのメロディー(1950年のピエディグロッタ祭の「Luna rossa」)、ローマ方言の曲(1935年のサン・ジョヴァンニ祭の「Sotto ar chiaro della luna」)、そしてサンレモ祭に参加した他の曲(1951年の2位に輝いた「La luna si veste d’argento」)を収録しています。他の流れとして、国際的なスタンダード曲であり、戦後の多くのイタリア人歌手がカバーしてレパートリーに加えた「Blue Moon」や「Green Moon」があります。

.

1 - 'Na voce 'na chitarra e 'o poco 'e luna

Autore: Calise Rossi

Esecutore: Roberto Murolo

Casa discografica: Durium

2 - Luna mezzomare

Autore: Paolo Citarella

Esecutore: Trio Sciascia Paolo Citarella

Casa discografica: Brunswick

3 - Verde luna

Autore: Pinchi Tuvim

Esecutore: Orchestra Bergamini Federico Bergamini Flo Sandon's

Casa discografica: Durium

4 - Luna rossa

Autore: De_Crescenzo Vian

Esecutore: Nicola Maldacea Achille Saitta

Casa discografica: Eterfon

5 - La luna nel Rio

Autore: Marshall Panzeri Testoni

Esecutore: Orchestra Panfili Licia Morosini B. Panfili

Casa discografica: Fonit

6 - Luna lunella

Autore: R. Dura M. Festa

Esecutore: Pina Lamara Dino Olivieri

Casa discografica: Columbia

7 - Sotto ar chiaro della luna

Autore: Martelli Neri Simi

Esecutore: Orchestra Olivieri Miscel

Casa discografica: Grammofono

8 - Luna malinconica

Autore: Alfredo Bracchi Rodgers

Esecutore: Milly

Casa discografica: Columbia

9 - Luna Caprese

Autore: Cesareo Ricciardi

Esecutore: A. Romeo

Casa discografica: Vis Radio

10 - La luna nel pozzo

Autore: Brigada Pinchi

Esecutore: Quintetto Avezzani Bassi Enzo Amadori

Casa discografica: Columbia

11 - Luna nova

Autore: Mario Costa Di_Giacomo

Esecutore: Orchestra Ferruzzi Enzo De_Muro Lomanto

Casa discografica: Columbia

12 - La luna si veste d'argento

Autore: Birt Mascheroni

Esecutore: Complesso 1951 Lelio Luttazzi Teddy Reno

Casa discografica: CGD