ridere-cantando

風刺文化を背景とするパロディーに起源を持つ、イタリアにおけるユーモラスな曲の文化の歴史は古く、1800年代にはすでに匿名の作詞家が当時人気のあった曲の歌詞を書き換えていました。現代では、キャバレーやテレビのバラエティー番組、ラジオ番組などが主体となり、ライブショーなどを通してユーモアのある曲を発信する役割を担っています。記録の中には、1950年代から1990年代にかけて人々に笑顔を届けた最高峰の作品が保管されています。