ルーチオ・バッティスティへのトリビュート

現代イタリアの最重要歌手であるルーチオ・バッティスティは、今でも多くのポップ・ミュージックやロックのスター、インディペンデントなアーティスト、国際的なアーティストが参考にするようなレパートリーを残しました。このアンソロジーでは、古い時代から比較的最近のものまでのカバー曲のほか、イタリアで歌うザ・ホリーズ、イギリスのヒットチャートの首位になったアーメン・コーナー、「Ancora tu」のスペイン版、ミア・マルティーニがジャンマルコのサクソフォーンと対話している「Pensieri e parole」といった興味深いものを選曲しました。