Milly

ミッリー

イタリアの人々が思い出すミッリーは、ミラノのピッコロ座の舞台や「Studio Uno」というテレビ番組で、深く官能的な声でジョルジョ・ストレーラー監督のもとにブレヒトの作品を演じたり、ミーナと一緒に1940年代の歌を歌った、エレガントな女優または洗練された歌手でした。しかし、本名をカロリーナ・ミニョーネというミッリーのキャリアは、もっと早い、まだ30歳になっていない時期に始まっていました。妹のガエターナ(ミティという芸名)、弟のオットーネ(トトーと芸名)とトリオでショーの世界にデビューした後に何枚かのレコード録音していたのでした。このトリオは、レヴュー劇場によく出演しました。そして、マリオ・マットーリやマリオ・ボンナールのような監督の力で、レヴュー劇場から映画にすぐに移りました。しかし、ミッリーは後にイタリア王になるサヴォイア家のウンベルト王子との交際が終わると、アメリカに逃げるように何年も滞在し、キャリアを中断していましました。第二次世界大戦後にイタリアに戻ったミッリーは、演劇、テレビ、映画で活躍しました。しかし、このプレイリストでは、彼女のキャリアの初期である1933年から1934年にかけてレコードを出していた頃の曲を取り上げます。この頃の曲を聴けば、若いミッリーの澄んだ声が、エレガントな白黒テレビで見た、あの魅力ある歌手の声になることが想像できないでしょう。

1 - Non so perche'

Autore: Alfredo Bracchi D'Anzi

Esecutore: Milly

Casa discografica: Columbia

2 - Un papa'

Autore: Marf Vittorio Mascheroni

Esecutore: Orchestra Ferruzzi Milly

Casa discografica: Columbia

3 - Credimi

Autore: Marf Vittorio Mascheroni Ray

Esecutore: Orchestra Ferruzzi Milly

Casa discografica: Columbia

4 - Valzer delle viole

Autore: Alfredo Bracchi Giovanni D'Anzi

Esecutore: Milly

Casa discografica: Columbia

Anno: 1930-1939

5 - Tu sempre tu

Autore: Marf Vittorio Mascheroni Ray

Esecutore: Orchestra Ferruzzi Milly

Casa discografica: Columbia

6 - Cade una stella

Autore: M. Consiglio T. Mignone

Esecutore: Orchestra Ferruzzi Milly

Casa discografica: Columbia

7 - Tango del cuore

Autore: Bracchi Dereno

Esecutore: Milly

Casa discografica: Columbia

8 - Amore strano

Autore: Bergamini Borella

Esecutore: Milly

Casa discografica: Columbia

9 - Lasciami sognar Nikita

Autore: Giari Marf

Esecutore: Orchestra Ferruzzi Milly

Casa discografica: Columbia

10 - Cercando l'amore

Autore: Bracchi D'Anzi

Esecutore: Milly

Casa discografica: Columbia

11 - M'ha detto di no

Autore: Dan Caslar Galdieri

Esecutore: Milly

Casa discografica: Columbia

12 - Dicevo al cuore

Autore: Mari Mascheroni

Esecutore: Orchestra Ferruzzi Milly

Casa discografica: Columbia