I festival di Re Nudo

Re Nudo 祭

1971年夏から1976年夏にかけて、反動的な雑誌『Re Nudo』(「裸の王様」の意味)は音楽祭を運営し、当時の反動的運動であった若いプロレタリアの「台頭と破滅」を取り上げました。舞台は、Ballabio(レッコ)から、Zerbo(パヴィア)へ、そしてミラノ中心街のParco Lambroに移り、内部爆発しました。このユートピア的シナリオでは、進歩主義的ロック、前衛、ジャズ、野党勢力の音楽のベスト曲が演奏されました。