Dalla balera al dancing

バレーラとダンシングホール

ディスコが登場するまでは、イタリアの娯楽の歴史で重要な「バレーラ(balera)」と呼ばれる場所で、小さなオーケストラやアンサンブルの音楽に合わせて踊るのが普通でした。バレーラは、田舎や都市はずれにあり、庶民に対して踊りの曲目を提供していました。それに対して、ダンシングホールやナイトクラブは裕福な客が行く場所でした。流されていた音楽は同じものであることが多かったのですが、バレーラのレパートリーは。マズルカやワルツのような「土着の」ダンス(あるいは、そういうふうに考えられている)を優先していました。それに対して、ダンシングホールの方は、外国から入ってくる新しいものが提示されるショーウィンドーのようなもので、北欧やラテンアメリカの新しいダンスがコスモポリタンな趣味を持つ客に発表されました。このプレイリストでは、タンゴとマズルカ、ルンバとサンバ、ボレロと「ランベス・ウォーク」(1930年代後半のロンドンで大人気を博したダンス)を交互に並べて収録しています。メメ・ビアンキ。エレナ・ベルトラミ、ルチャーノ・ベネヴェーネ、ヴィットリオ・ベッレーリのような両世界大戦の時代に活躍した偉大な歌手たちやアンジェリーニ・オーケストラが登場します。

.

1 - La Mazurka Della Nonna

Autore: Fragna Cherubini

Esecutore: Bianchi Meme

Casa discografica: Odeon

Anno: 1939

2 - Rumba Dei Bersaglieri

Autore: Marletta Sopranzi

Esecutore: Benevene Luciano

Casa discografica: Cetra

Anno: 1951

3 - Cuba

Autore: V.Mascheroni Marf

Esecutore: Bello

Casa discografica: Polydor

Anno: 1930

4 - Lambeth Walk

Autore: Rose Farther Gay

Esecutore: Belleli Vittorio

Casa discografica: Parlophon

Anno: 1938

5 - Cuanto Me Gusta La Parranda

Autore: Ruiz Larici Testoni

Esecutore: Beltrami Elena

Casa discografica: La Voce Del Padrone

Anno: 1948

6 - Il Più Bel Tango

Autore: Scotto Bertini

Esecutore: Belleli Vittorio

Casa discografica: Parlophon

Anno: 1938

7 - Mazurca 700

Autore: Zucaherl

Esecutore: Orchestrina Wolmer Beltrami

Casa discografica: Cetra

Anno: 1942

8 - Tchi Tchi

Autore: Scotto Valabrega

Esecutore: Belleli Vittorio

Casa discografica: Parlophon

Anno: 1938

9 - Esclava

Autore: D'anzi Bracchi

Esecutore: Benevene Luciano

Casa discografica: Cetra

Anno: 1949

10 - La Mazurca Di Carolina

Autore: Bruno Redi

Esecutore: Belleli Vittorio

Casa discografica: Parlophon

Anno: 1938

11 - Rio Brasileiro

Autore: Panzeri Pari Testoni

Esecutore: Benevene Luciano

Casa discografica: Cetra

Anno: 1950

12 - Ritmando Un Bolero

Autore: Di Lazzaro Trama Dole

Esecutore: Belleli Vittorio

Casa discografica: Parlophon

Anno: 1938