ポップ・ミュージック

ポップ・ミュージック

1900年代前半に発展した民謡文化のように、ポップ・ミュージックの曲は、政治的・方言的楽曲、ロックや子ども向けの曲と差をつけて、独自主流の発展の道を歩んできました。主に楽曲を指して使用される「ポップ」という言葉は、世界市場の中で国際的に影響力のある、流行作品を意味します。1950年代後半、イタリアの音楽文化は時代に適応するための進化を行い、メロディーや歌いやすさなどの個性を残しながら、リズムや音楽的解釈への研究を続けてきました。1958年、サンレモ音楽祭におけるドメニコ・モドゥーニョの登場は画期的な出来事として知られ、彼の作品で「ヴォラーレ」の名で知られる「ネル・ブル・ディピント・ディ・ブル(伊題:Nel blu dipinto di blu)」はイタリアを代表する曲として世界中で知られています。この曲が10以上の様々な言語に翻訳される中で、海外アーティストの進出の難しさで知られるアメリカを始めとする世界の半分以上の国で、音楽ランキング1位を獲得しました。こちらのセクションでは、先ほどのドメニコ・モドゥーニョを始め、クラウディオ・ヴィッラ、ミーナ、アドリアーノ・チェレンターノ、アル・バーノ、レナート・ゼロ、トト・クトゥーニョ、ウンベルト・トッツィなどの、イタリア内外で著名な歌手・演奏家を紹介しています。1960年代に築かれたイタリアにおけるポップ・ミュージックの基礎は、その後1970年代から80年代にかけて押し寄せた世界的流行の波に乗り、ディスコ音楽や電子音楽のジャンルと合わせて大きな反響を得ました。世界的ポップアーティストとして二人組のイタリア人アーティストなどが活躍する時代も、時の流れとともに変化しましたが、イタリアのポップ・ミュージック文化は温故知新の精神で常に進化を遂げています。イタリア人アーティストとして国際的に活躍し、1世紀以上も続くエンターテインメントの世界を支える著名な人物には、アンドレア・ボチェッリ、ラウラ・パウジィーニ、エロス・ラマッツォッティ、ズッケロなどがおり、枚挙に暇がありません。
PLAYLISTS

Items 1 to 8 of 322 total

per page

Page:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

Items 1 to 8 of 322 total

per page

Page:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5