作詞・作曲家の曲

作詞・作曲家の曲

こちらのセクションでは、作詞家・作曲家をテーマに音楽に迫りたいと思います。多くの言語で楽曲の「作曲者」と「歌手」の意義がそれぞれ独立する中で、イタリア語には自ら作詞・作曲した曲を歌う歌手を指す「カンタウトーレ」という言葉が存在します。1920年代には「作詩」と作曲を行うカンタウトーレが既に存在していましたが、1960年代に精力的に活動を行い、ポップ・ロックミュージックが世界的音楽の中心となった1970年代には、カンタウトーレ達の音楽は専らレコード産業において重要な地位を確立しました。音色豊かにアレンジ性の高さ、型破りの革新的発想を持つ彼らの音楽は大衆市場を席巻し、作曲・作詞・演奏にそれぞれ役割を分担されてきた今までの楽曲制作の歴史を塗り替えるとともに、音楽文化に大きな影響を与えました。1950年代から60年代を象徴するギター伴奏のフォークシンガーや、風変わりなシャンソン歌手達に代わり、ポップ・ミュージックの流行傾向はカンタウトーレ達に追い風を加えるも、時代の流れとともにその歴史的な変化もやがて勢いを落としていきました。こちらのセクションでは、作詞者・作曲者ペアによる歌謡曲から、カンタウトーレによく似た仕組みで作られたものの、カンタウトーレ程の知名度には至ら無かった、シンガーソングライターによる楽曲まで、幅広くご紹介しています。
PLAYLISTS

Items 1 to 8 of 58 total

per page

Page:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

Items 1 to 8 of 58 total

per page

Page:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5