政治的な歌とプロパガンダ

政治的な歌とプロパガンダ

イタリア語の歌がまだ発達段階の時代、愛国賛歌とともに社会派の歌は、現状に満足せず変革を求めていたイタリア語の曲を必要とする民衆に供給された。この歌曲集は 1800 年代初頭に、土地所有集中化で田園に変化の流れが始まったポー平原で生まれた。それらの歌は、紡績工場や稲作などの農民の歌の節、ブルジョワ中産階級の賛歌は政治的・政党的な歌、労働者の歌は市民や職人の歌から生まれ育った。支配的文化と大衆作品と庶民的伝統が出会い、農民の歌の一節やストランボッティ(8 行からなる 11 音節の古い民衆詩)、都市の職人、ブルジョワ(賛歌、オペラ、オペレッタ、歌曲)、社会主義者、軍隊(行進曲)、辻芸人の歌など、いまだかつてない雑種の文化を創り出した。 リソルジメント(イタリア国家統一)の際に最初のイタリア音楽として現れた伝統文化(音楽)は、新しい労働者の政党によって、1880 年以降明らかな抗議運動の時局の方向に向かった。ガリバルディ主義者、共和主義者、無政府主義者、社会主義者、共産主義者、国際主義者など様々な思想をもつ者たちから出た歌の主役は、紡績工場主、鉱員、田植えをする女たち、移民、労働者、日雇い労働者たちであった。 歌曲を普及させたのは楽団、合唱団、社会歌集、歌詞を書いた絵葉書、チラシ、カレンダーや新聞、そしてレコードであった。1920 年代のファシズム時代に社会派の歌は政治色を変化させ、政治体制の重要性を認めさせる全ての機会において継続的に使用された。プロパガンダは、行進曲や伝統的な賛歌、軽音楽に似た形のメロディーを使いながら、植民地時代や第二次世界大戦時に市民の間で顕著に指示され音楽にのせて広がって行った。
PLAYLISTS

Items 25 to 32 of 39 total

per page

Page:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

Items 25 to 32 of 39 total

per page

Page:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5