Cantagiro 1968

カンタジーロ(1968年)

アーティストを連れてイタリア半島を横断する事で有名なイタリア歌謡音楽祭「カンタジーロ」。1968年の第七回公演では、6月19日にサンレモを立ち、7月6日にレコアーロ・テルメで閉幕するまで行われました。ヌッチョ・トスタを司会として、当時の目玉・アリギエーロ・ノスケーゼらを中心に盛り上がったこの年のカンタジーロでは、大御所の演奏ステージと新人アーティストの2つのステージに分けられ、カテリーナ・カゼッリが『人生の転換(Il volto della vita)』で人気を博した事で有名です。その他、ジャンニ・モランディが『キメラ(Chimera)』、ダリダが『少しの愛(un po’ d’amore)』でトーナメントAに名を連ねました。一方のトーナメントBでは、『恋のひと時(Un’ora sola ti vorrei)』で優勝したリ・ショウメンに続いて、ミノ・レイターノが『愛した心(Avevo un cuore che ti amava tanto)』、エリオ・ガンドルフが『1年過ぎ(Un anno di piu’)』で名を馳せました。またランキング外の作品の中でもディク・ディクの『風(Il vento)』やカメレオンティの『彼女の為に(Io per lei)』、ボディー・ソロの『シエスタ(Siesta)』、ジミー・フォンターナの『私たちの物語(La nostra fontana)』、ルーチョ・バッティスティの『愛しのバラ・リンダ(Balla Linda)』、ザ・ロークスの『ラストダンスは私に(Lascia l’ultimo ballo per me)』、ニコラ・ディ・バーリの『世界は灰色、世界は青(Il mondo e’ grigio, il mondo e’ blu)』が有名となりました。

Interprete Canzone
Caterina Caselli Il volto della vita (Daiano-Mogol-McWilliams) [Days Of Pearly Spencer/David McWilliams] - 1968
Gianni Morandi Chimera (Migliacci-Zambrini) - 1968
Dalida Un po’ d’amore (Hayward-Pace) [Nights In White Satin/Moody Blues] - 1968
Bobby Solo Siesta (Anelli-Pagani) - 1968
Dik Dik Il vento (Mogol-Battisti) - 1968
Gian Pieretti Felicità felicità (Pieretti-Gianco) - 1968
Camaleonti Io per lei (Crewe-Gaudio-Pace) [To Give (Is The Reason I Live)/Frankie Valli] - 1968
Jimmy Fontana La nostra favola (Dossena-Mason-Reed) [Delilah/Tom Jones] - 1968
Massimo Ranieri Preghiera per lei (Guardabassi-Polito) - 1968
10° Nicola di Bari Il mondo è grigio, il mondo è blu (Calabrese-Charden-Monty) [Le monde est gris, le monde est bleu/Eric Charden] - 1968
11° Rokes Lascia l’ultimo ballo per me (Da Vinci-Mogol-Pomus-
Shuman) [Save The Last Dance For Me/Drifters] - 1968
12° Mino Reitano Avevo un cuore che ti amava tanto (F.Reitano-M.Reitano-A.Salerno) - 1967
13° Giusy Romeo [Giuni Russo] L’onda (Pallavicini- Carrisi) - 1968
14° Mal dei Primitives Bambolina (Bacharach-Hilliard-Panesis) [Any Day Now/Chuck Jackson] - 1968
15° Mario Tessuto Ho scritto fine (Cerutti-Detto-Don Backy) - 1968