boogie nroll

第二次世界大戦末期にアメリカ兵士らによって持ち込まれたブギウギは、解放運動の時代を通して人々の間で愛され、その後も長く親しまれつづけたダンスの一つです。時は流れて10年が経つと、ロックンロールが流行り始めたのを皮切りに、アメリカ寄りの音楽傾向が強まるきっかけを作りました。保管される楽曲には、その後の1950年代のパロディー音楽や、1980年代のリバイバル音楽の例となったイタリアンブギーやロックンロールの楽曲が数多く収録されています。