Cuccurucucù - 2008 - Remaster

作詞・作曲:フランコ・バッティアト

当初の歌手:フランコ・バッティアト

バッティアトは、1970年代の大部分をさまざまな実験に使った後、1980年代初頭にエレクトロ・ポップを取り入れました。これは、そんな彼の「新しい作風」を示す代表的な歌です。この歌は、イタリアで初のミリオンセラーとなるLPレコード「La voce del padrone(主の声)」(1981年)に収録されているものです。アルバムは、18週間にわたってイタリアのヒットチャートのトップを飾り、「イタリアのローリングストーン」と言われた彼の1980年代のアルバムとしては2番目に良いものでした。「Cuccurucucù」は、洗練された知的な作者であるバッティアトの名人芸が際立ちます。歌詞には、ポップの神話や慣習を称えたり、皮肉ったりする引用が続きます。歌のタイトルは1954年の有名なメキシコの歌にまつわるもので、ビートルズ(「Lady Madonna」、「With A Little Help from My Friends」)、ボブ・ディラン(「Just Like A Woman」、「Like A Rolling Stone」)、ローリングストーンズ(「Ruby Tuesday)」)のヒット曲のタイトルが英語でも引用されるかと思えば、ツイスト、1960年代のサンレモ音楽祭の入賞曲、カバー曲(「Il mare nel cassett」、「Le mille bolle blu」、「Il mondo è grigio il mondo è blu」)のタイトルが引用されます。ホメロスやアリオストを通常の次元に下げることを含めた学校時代の思い出に続いて、前衛的な知識の流れの中で新しいライフスタイルや生活の事実を重要視するイメージが並べられます。ニューウェーブの精神をイタリアでも導入することになるスカ(SKA)の抗し難いリズムに乗って、ポストモダンの動きを称えるものとなっています(たとえば、ビートルズの歌詞を Madrigalisti di Milano のコーラスに歌わせるなど)。

Cuccurucucù - 2008 - Remaster
Additional Information
Additional Information
Anno 1981
Artista Franco Battiato
Album La Voce Del Padrone (2008 Remastered Edition)
Casa discografica EMI Marketing