Il Ragazzo Della Via Gluck - Remastered

チェレンターノは1966年のサンレモ音楽祭でこの歌を歌う予定ではなく、少なくとも、結局はカテリーナ・カゼッリが歌った「Nessuno mi può giudicare」(「誰も私に何も言えない」)もリハーサルで収録していたことを見れば、彼の唯一の候補曲ではありませんでしたが、今思えば、彼が歌って良かったと言えます。おそらく、「Il ragazzo della via Gluck」の何かをどうしても伝えたいという要請があったためにこのような結果になったのでしょうが、ルチャーノ・ベレッタとミキ・デル・プレーテの作詞がチェレンターノの環境問題の考え方を反映しているとは言えないでしょう。当時は、政治や社会でさえ、このテーマは扱われていなかったのですから、ましてや、軽音楽の世界では扱われることはありませんでした。この歌の衝撃は非常に強く、サンレモ音楽祭ではすぐに落選して決勝戦に出ませんでした。サンレモのカジノ祭が開催されていた優雅なサロンの舞台に帽子をかぶって出ることは、受け入れられがたく、あの世界に合わない「異物」として拒否されたのでした。しかし、大衆はチェレンターノの肩を持ち、歌の詩節や繰り返し部分のメロディーが親しみやすかったことや、チェレンターノが庶民の歌のように誰でも歌えることをわからせたこともあって、大反響を呼ぶヒット曲となりました。それは現実となり、当時の若いイタリア人たちの家で普及していったギターに合わせて歌われることが多かったのです。「Il ragazzo della via Gluck」が、(一度となく、環境のテーマを扱った)チェレンターノやイタリア歌謡界の環境テーマを扱う曲の最初となったのは疑いありません。別の歌手による実演では、チェレンターノは信じられないような「一味のトリオ」(イコ・チェルッティ、ピラデ、ジノ・サンテルコレで構成)を作って歌わせました。これは、(サンレモ音楽祭では別の歌手による実演が決まりだったために実現できたのでしたが、この歌の輝かしい運命は、イタリア国内外で、もはや誰も変えることはできませんでした。フランスではフランソワーズ・アルディが「La maison ou j’ai grandì」、イギリスやアメリカではヴェーデル・スミスが「Tar And Cement」、ノルウェーではマルグレット・トゥルセンが「Lykkelige Gate」、ドイツではカミッロ・フェルゲンが「Der junge aus der via Gluck」、デンマークではシス・グレガースが「Barndommens Gade」の題名でレコーディングしました。サンレモ音楽祭で落選した歌にとっては上出来の結果です。
Il Ragazzo Della Via Gluck - Remastered
Additional Information
Additional Information
Anno 1966
Artista Adriano Celentano
Album Il Ragazzo Della Via Gluck (2012 Remaster)
Casa discografica Universal Music Italia srL.