Pasqualino Maraja

Pasqualino Maragià (「パスクワリーノ・マハラジャ」)

作詞:フランコ・ミリアッチ、作曲:ドメニコ・モドゥーニョ

当初の歌手:ドメニコ・モドゥーニョ

エミリオ・サルガーリやジョゼフ・ラドヤード・キップリングが描くインドでもなく、ヒッピー文化に影響を与えた偉大な宗教があるインドでもありません。モドゥーニョが歌うインドは、1950年代末のインドであり、どこかナポリを思わせるように、皮肉と愛情が交錯します。第二次世界大戦後、既に1920年代に人気のあったエキゾチックな歌が再び流行しました。しかし、それは音楽的に常套句を連ね、しばしばコミックな背景を持っていました。しかし、「Mr. Volare」ことモドゥーニョがサンレモ音楽祭で受賞した年に音楽にした話は、実話から想を得たものでした。良き中流家庭に育った若い医師が、カプリでバカンスを楽しむ魅力的な王女と知り合います。二人は恋仲になり、彼はインドに行き、父である王に結婚の許しを請います。そして、1957年にパパラッツィの眼前で結婚の儀が行われたのでした。この物語をもっとこなれた、お決まりのイメージと結びつけるために、歌では医者ではなくピッツァ職人が登場し、真の味の使節として、インド人にナポリの最も典型的な料理であるピッツァの作り方を教えて幸せに暮らしました。続いてこの曲をカバーした歌手の中では、レナート・カロゾーネが抜きん出ています。もっと最近では、ブルー・ドルズが注目されます。また、モドゥーニョの当時には、ブルガリアの歌手であるノラ・ノヴァがこの曲をカバーしました。

Pasqualino Maraja
Additional Information
Additional Information
Anno 2012-09-04
Artista Domenico Modugno
Album Domenico Modugno
Casa discografica CNM