Balocchi E Profumi

Balocchi e profumi(「玩具と香水」)

作詞・作曲:E.A.マリオ

当初の歌手: ジェンナーロ・パスクワリエッロ

このタンゴのテンポを持つ歌は、ジェンナーロ・パスクワリエッロが1928年にナポリのエデン座劇場で発表したものです。E.A.マリオのナポリ方言の歌の大ヒット曲の中で飛び抜けて人気を博した曲であり、あのクレージーな1920年代の衰退期のクラシック曲としてさまざまな歌手がカバーしています。ドラマチックなクレッシェンドの後に悲劇に終わる歌は、あの時代の抑制のない不道徳性を批判しています。三連に分かれた歌は、少女と、自分のことしか考えない、思いやりのない母親が登場する連載小説のようなシーンを語ります。少女は病気になってしまいます。母親の後悔は遅すぎ、少女は欲しがっていた玩具で遊ぶことができませんでした。「不自然な行為」を容赦なく批判する歌は、印象的なメロディーに乗せられて、クラウディオ・ビルラとルチアーノ・タヨーリが得意曲として、1960年代の「カフェ・シャンタン」の時代の定番曲となったのでした。アウレリオ・フィエッロ、アンジェラ・ルーチェ、ジョルジョ・コンソリーニ、ミルヴァもこの曲を録音しているほか、キャバレー調に解釈してそのドラマ的側面を際立たせることもよくありました(ミッリー、ペッペ・バッラ)。

Balocchi E Profumi
Additional Information
Additional Information
Anno 2000-06-15
Artista Milva
Album Milva
Casa discografica Ricordi