Guaglione

Guaglione(ナポリ方言で「少年」の意味)

作詞:ニーザ、作曲:ジュゼッペ・ファンチュッリ

当初の歌手:アウレリオ・フィエッロとグラツィア・グレージ

これは1956年のナポリ音楽祭でグランプリに輝いた曲で、喜劇の伝統の名曲の中でも抜きん出ています。フィエッロの曲は正統派を行くもので、6週間連続でヒットチャートに入り、あの年の年間レコード販売枚数2位を記録しました。

この曲の成功を受けて同名の映画が作られ、その中で(元々この歌を歌うはずでしたがレコード会社の反対で歌わなかった)クラウディオ・ヴィッラが歌いました。続いて、1958年には、続きの映画(『Non sono più guaglione(仮題:僕はもう少年じゃない)』が出ています。瞬く間に「Guaglione」は国際的な名曲となりました。フランスではダリダが「Bambino」、アメリカ合衆国ではディーン・マーチンが「The Man Who Plays the Mandolino」、デンマーク、スウェーデン、オーストリアではウド・ユルゲンスが「Peppino」という曲名で出しました。特にフィンランドでは、「Polka varjoselta kujalta」という曲名で1957年から2010年にかけて最多のレコード・ディスク制作枚数を記録しました。

1958年には、ペレス・プラードがマンボのリズムでインスツルメンタルバージョンを作りました。このバージョンは、1995年にテレビの宣伝で有名になり、アイルランドで1位、イギリスで2位となりました。それ以来は、ビデオゲームやテレビのショーのテーマ曲として使用され、ディズニーでもよく売れた作品のひとつとなっています。

Guaglione
Additional Information
Additional Information
Anno 2014-12-23
Artista Aurelio Fierro
Album Best Hits
Casa discografica JB Production CH
商品タグ

Use spaces to separate tags. Use single quotes (') for phrases.